オーナー様と歩んで31周年 資産価値創出のリーディングカンパニー

中途採用コンテンツ-アムスをもっと知る-

すべての仕事は、「営業」につながる

アムス・インターナショナルには、さまざまな業務を行う部署やグループ会社がありますが、すべての仕事の基本は「営業」です。
営業というと、販売業務をイメージしがちですが、オーナー様や入居者様、パートナー企業様など、対外的な「お客様」に対しての仕事はすべて営業活動につながります。必要なのは、コミュニケーション能力とマネジメント能力。
アムス・インターナショナルが求めるのは、セルフプロデュースのできる「営業マン」なのです。

インタビュー風景

先輩の声~vol.3~

赤坂 麻衣

中途入社組が、新しい風を吹かせることも

社会に出てから飲食業や自動車関係の仕事など、いろいろな業界を経験してきました。不動産の仲介業者にいたこともあったのですが、同じ不動産業界と言っても、仲介は借りる側・お客様側の仕事で、管理はお貸しする側・オーナー様側の仕事なので、実際の仕事の中身はかなり違うな、というのがこの会社に入って最初に感じた印象です。それにグループ内には、リース事業やホテル事業などをする部門もあって、すごく幅広いんだなと驚きました。
私みたいに中途入社の人も多いので、その人たちが新しい風を吹かせるというか、それぞれが前職での経験を活かしたやり方を社内に共有して、みんながそれを学ぶというようなこともあります。そういった意味でも風通しが良く、仕事がやりやすい環境ですね。

あまり男性、女性という差や壁は感じないです。

実は会社に入って1年もしないうちに妊娠しました。産休に入るぎりぎりまで働かせていただいたのですけど、外回りからデスクワークに切り替えてもらったり、いろいろと配慮していただきました。アムスでは、希望する人にはフレックスや時短制度というのがありますので、お子さんのいる女性にもオススメですね。
前職の仲介業の社員はほとんど男性だったのですが、今やっている管理業務は、男性中心ではなく、仕事していてもあまり男性、女性っていう差や壁は感じないです。それどころか、仕事をする上で男性ならでは、女性ならではといった、それぞれの視点というものを大事にしている感じがします。

あらゆる部署ですべてを学び、どんな仕事もこなせるようになりたい。

入社当初は賃貸の部署にいたのですが、その後本部に異動して、産休明けから今の情報管理室にいます。それぞれまったく違う業務なのですが、前にいた部署の仕事がすべて活かされているんです。今後また違う部署に行くかもしれませんが、できればいろいろな部署でいろいろな仕事をしていきたいと思っています。すべての部署に行ってすべてを学んだら、会社の中ですべてを知っている人になれる気がしますしね(笑)

就職志望者に向けてメッセージ

資格や経験の有無は気にせずに!
私は独身時代にさまざまな業種を経験したのですが、資格の有無とか経験がないとかを気にしないで、違う業種でもどんどん踏み込んでいけば良いと思っていました。社会に出てから学ぶものって、基礎はすべて同じなので、怖がる必要はないと思います。だからもしこの業界に興味があるのなら、経験や資格の有無は気にせずに、やる気だけ持って飛び込んできて欲しいですね。それともちろん、私のようにお子さんのいるママ仲間の同僚も大歓迎です!

先輩の声~vol.4~

赤木 史

ライフスタイルを見つめ直したくて転職。

大学を卒業してから6年ほど通信事業会社で働いていまして、主に販売営業や新人教育などの仕事をしていました。仕事自体にやりがいはあったのですが、シフト制で残業が多く、生活も不規則だったので、自身のライフスタイルを見つめ直したくて転職を考えました。別業種で新しいことにチャレンジしたかったので、『未経験でもOK』という募集要項を見て、この会社に興味を持ちました、それにやはり「住まい」って人にとって絶対に必要な物だと思うので、そういった物に関わっていきたいなという思いもありましたね。

アムスグループの「なんでも屋」さん。

私は今「アムスなんでもリース」という部署で働いています。この部署では、ひとり暮らし用の家具や家電をリースしているのですが、自分が入る前にイメージしていたのと全然違うお仕事だったので驚きました。何となく固い事務職かなって思っていたんですけど、お客様だけではなく、オーナー様、入居者様、設備業者などあらゆる所から電話がかかってきて、その対応に毎日追われています。家具・家電のリース業務はもちろん、物件の設備の担当もしているので、故障のクレームが来てその対応をしたりとか、営業さんからの依頼で荷物を指定の場所に持っていくとか、急な対応などもあったりしますし、まさに「アムスグループの何でも屋」みたいな感じですね(笑)

気軽に相談できる仲間や先輩方に助けられています。

そうやっていろいろな方と関わっていく中で、お客様に喜んでいただける環境が整った時は、頑張ってよかったと思います。ある問い合わせを受けて、それが解決した時に『ありがとう』と言われたり、その方にまた注文を受けたりすることも嬉しいですね。目標は、今以上に皆さんの「なんでも屋さん」になりたいと思っています。
上司の方も、ある程度自分の判断に任せてくれますし、もし迷っても気軽に相談できる仲間や先輩方もいるので、とても仕事がしやすいですね。部署の仲間とはチームワークもいいですし、他の部署の人とも仲良いので、よくみんなで飲みにも行ったりもしますよ。

就職志望者に向けてメッセージ

異業種からの転職は、今までの知識や経験を活かすこと。
異業種への転職ということで、正直不安なところもありましたが、さまざまな人との出会いもあって、私は転職して良かったと思っています。転職というのは、今までの経験を捨ててしまうことではありません。今まで培ってきた経験や知識を活かして、新しい仕事に、新しい発想を与えることなんだと思っています。その結果、やりがいがある仕事だと思えるようになったら、こんなに素晴らしいことはないんじゃないかと思います。
もし、異業種からの転職を考えている方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に頑張りましょう!と言いたいですね。

先輩の声~vol.5~

沼田 守

職人の世界から転職した異色の存在

私は高校を卒業してからすぐに内装業の会社に入りましたので、まぁいわゆる職人ですね。そこから今の不動産業に転職するっていうのは異色だと思います。アムスに入ったのは、規模が大きくてやりがいがありそうだなっていうのと福利厚生がしっかりしていたっていうのが大きいですね。前職の関係もあって、最初は内装の部署に入ったのですが、しばらくすると工事の管理、営業の部署に配属になって、その後に今の不動産の賃貸管理の部署に就きました。今でも例えば、何か破損していたりというクレーム処理に行った時に、自分で修復作業をできたりするので、昔取った何とかが役立ってますよ(笑)

共通の目標設定が、チームの結束につながる。

アムスは若い社員が多くて明るい職場だなっていうのが第一印象ですね。前職がいわゆる職人、男の世界だったっていうのもあるかもしれませんが(笑)。仕事でわからないことがあれば、すぐに教えてくれる仲間がいますし、社員同士みんな仲良いと思いますよ。会社全体がアットホームで、普段から和気あいあいとしています。毎月会社から提示される一定の数字をクリアする目標があるのですが、それを達成すると報奨金が各部所に出るんです。その目標を達成して、報奨金を使ってみんなで飲みに行くのは楽しいですね!そういった共通の目標があると、チームの結束につながります。

『あなたに任せるよ』という言葉がやりがいに。

不動産業界は、人間が生きるために必要な『衣食住』の中に入っている大事な仕事なのでなくなることはないですし、またサービス業としてやりがいも感じています。オーナー様に『あなたに任せるよ』という言葉をいただける時がありますので、それも大きなやりがいになっています。個人的には、不動産管理の仕事はまだ数年なので、この後もっと経験を積んでエキスパートを目指します。賃貸も売買も、トータル的に幅広く業務をやっていければと思っています。工事や内装やってきた経験を活かせるので、さらに高いレベルでできるようになりたいですね。

就職志望者に向けてメッセージ

まわりに流されずに、自分のやりたいことを大事にする。
将来性や人気のある業界、業種、仕事はたくさんありますが、若い人たちには、まわりに流されず自分の興味あること、やりたいことを大事に仕事探しをして欲しいですね。うちの会社は、やりたいことをやらせてもらえるし、やりたい部署に異動させてもらえるチャンスもありますので、もし不動産業界を目指しているのなら、アムスは絶対オススメです!

応募方法

現在の募集情報はこちらでご確認ください。

採用ホームページ